ネズミ駆除の成功率を高めるための工夫

繁華街の雑居ビルにある飲食店など、食品を扱う場所ではネズミの被害が深刻になることがあります。


繁華街など、ネズミにとって食料となるものが豊富な場所はネズミが棲みつきやすく、そうした場所ではネズミが営巣して繁殖を始めてしまうこともあります。


ネズミの数が増えるほど被害も深刻になっていきますし、飲食店などでは衛生面において多大な影響を受けてしまうことにつながります。


増えてしまったネズミの数を減らし、建物のネズミ駆除を行なうのであれば、捕獲器などの罠を仕掛けるのが有効です。


この罠も、やみくもに仕掛けるのではなく、ネズミの通り道や行動範囲を把握して、最も効果的な場所に仕掛けることが大切です。

建物の中をよく観察して、ネズミの通った痕跡や足跡、糞を探すことでネズミの行動範囲を知ることができます。

ネズミは警戒心が非常に強い生き物で、環境が普段と違っているだけでその場所には寄り付かなくなってしまいます。


そのため、罠を仕掛けるときには室内の他のものの動かしたりせず、目立たない様に仕掛けることが大切です。



また、罠を使ったネズミ駆除の他、殺鼠剤を使って薬殺するという方法もあります。

毒餌は強力な誘引作用がありますが、それでも他の食べ物がある場合にはネズミの注意力がそらされてしまうので、餌となる食品などはネズミの目の届かない場所にきちんと片付けておくことが大切です。



こうした対策をとっても被害が減少しない時には、ネズミ駆除の専門業者に相談してみるのも良い方法です。

こだわるなら東京新聞を知るならこのサイトです。

当然費用はかかりますが、無料の見積りや現地調査を実施しているところもありますので、そうした業者を利用するのもおすすめです。